Alamo エキマニ交換作業

 

昨年の作業から1年振りにエキマニ交換作業を請け負いました。車種は日産パスファインダー(テラノの逆輸入車です。)

先ずは何が大変って、純正管の外しです。当然その間の経年で配管類のフランジボルトは錆びて腐った状態です。

左右バンクの集合部分などは見ただけで気が遠くなるような状態です。通常錆びる前は17→16〜15_に縮んでいます。

そのうえ下から覗いたボルト位置はフレーム、トーションバー、メンバーに挟まれて奥側は5a程度のアングルしか存在しない

始末です。

 

切断に数時間要したフランジ部分 数時間泣きの折れたスタッドボルト類 排気干渉がずさんな純正エキマニ

 path10.JPG (24476 バイト)       path9.JPG (29013 バイト)path8.JPG (28711 バイト)       path12.JPG (26674 バイト)path11.JPG (28152 バイト)

 

なんと!VG30IはEGR装置がフロアー、丁度カーステの裏側あたりの鬼アングルに付いてます。

配管は外すのにこれにはマジ!ふくらはぎがコムラ返しを起しそうになるぐらい辛かった。              

              とにかくビビりはEGR管や倍圧装置の配管ががやたら多い。

      path2.JPG (29443 バイト)      path1.JPG (26308 バイト)

 

    エキマニを装着するのでエレメント交換が出来なくなります。

    そこで移動キットの装着、エレメントはEgルームに移動しました。

            path17.JPG (30290 バイト)           path6.JPG (21830 バイト)

        等長エキマニ装着後のデフ下からの配管が素晴らしい感じで立ち上がってます。

            path16.JPG (22997 バイト)   path15.JPG (21969 バイト)     path14.JPG (20723 バイト)

 

   左バンク    装着前                装着後                          

  path5.JPG (22501 バイト)         path18.JPG (26931 バイト)path13.JPG (27826 バイト)

   右バンク    装着前               装着後   

  path3.JPG (25701 バイト)         path19.JPG (25946 バイト)

 

 

そして、未だ装着が綺麗に出来るまでに数日を要して、フィッティングを行なっている始末です。

EGR配管、VG30Iのブレーキ倍圧装置がエキマニ排圧を利用している。

配管はあるが異径なのでコノ問題も解決していない。

エキマニが色々な補記類に干渉して逃がしの作業であれもあれもと色々な補記類を外す羽目に・・・

 



Back to Homepage