2006’1 Alamo エキマニ交換作業

 

またまた1年振りにエキマニ交換作業を請け負いました。車種はH4式D21の硬派なMT仕様です。

恒例と言うか純正EX、フロントパイプ一式は錆などの腐食が酷く、今回はベルトサンダーでガンガンに削って外しました。

例年に無いぐらいの寒さにめげずに強行しました。

 

本題のエキマニ以外に下回りを一式シャーシブラック塗装後に足回り一式をグリスアップ、駆動部分のハブなどもグリスを

補充して回転抵抗を良くしました。ハブも入れて全部で500gぐらい使ったかな?カナリのグリス量です。

これだけでも横揺れが相当に減り、縦揺れに仕様なりました。

 

 

 

今回は足回り系も手を入れました。

スタビ・テンションブッシュ部を交換しました。ハンドリングはもちろんコーナリング、直進性、制動性は別物です。

 

燃料ポンプ・燃料フィルターも交換

今まで聞こえなかったACCでポンプの元気な音が響きます。

ポンプ

純正エキマニ 前回作業の参考

今回も同様に外すには錆や泥が全身に浴びました。トホホ・・・

 

path10.JPG (24476 バイト)path9.JPG (29013 バイト)path8.JPG (28711 バイト)path12.JPG (26674 バイト)path11.JPG (28152 バイト)

 

作業後談

何時もながらにこの作業は大変だけど交換しただけの体感は非常に大きく、今回はMT仕様なので1,2,3速のダッシュ力

は軽快な加速になります。全域でのトルクバンドが厚くなりノーマル時の亀のように遅い車体が嘘のようにグイグイと押します。

オーナー様はカートもやるようで納車後の試乗でも大変気に入って頂けました。

               

 



Back to Homepage