ALAMO CHEMICAL ROOM

ココでは私の日頃使っているケミカル?SYNTHETICな用品なんかを紹介します。ケミカルって聞くと怪しい感じですがそうです。そのまんま怪しい物も多数ありますし、へぇ〜そうなんだ!とか効くんだ〜!なんて思って真似して頂いても良いんじゃないでしょうか、ただ、入手ルートが困難であったり高価であったりする物がありますからそこらへんはひとつ、頭をひねって頂きご自身でリサーチしてみて下さい。

 

RED LINE 

言わずと知れた100化学合成ポリオールエステル系の走りとでも言いますか、定番中の定番、機構部でのエステル系は主にジェットエンジンなどで使われる事から高温にも長時間耐えて、尚且つ長持ちすって売り文句そのまんまでございます。

 

デフ・ミッションには80W−140って凄まじいぐらいのマルチグレードでして、硬くてギアが入らないんじゃないか?って思いますでしょう?ところがこれが鉱物性の合成油より柔らかく、スムーズなシフトで繋がります。過去に3速シンクロを痛めて、ミッションを修理した経験から4駆系のマニュアルミッションは非常にデリケートな事が解り、シンクロ・カウンターギアなどヤバイ部分にWPC加工はしましたがやはり怖いので固めをチョイスして保護してます。OIL劣化の見極めとしては、4速で40〜60`程度の低〜中速でギアからガラガラ〜♪と音がしたらそろそろ交換時期です。期間で半年、走行距離で2万`程度が良いと思います。デフに関してはしっとりした感じにデフが効きます。余計な振動が無いけどまるで機械式LSDのような感覚です。純正LSDをここまで性能を高めるOILも無いかもしれません。ちなみREDLINE注入前は1→2速でタイヤが1瞬鳴る程度の加速でしたが注入後はあきらかに空転している感覚が体感出来るぐらい駆動力が高まっています。

 

エンジンOILに関しては日頃から100%化学合成を推奨していますのでエンジンやOIL(愛車)を大事にされる方には高くても100%化学合成で選べば殆どの銘柄でも間違いは無いと思います。最近では3千円代で安売りしている時がありますから買い置きしておくと良いですね、ちなみに私はGSで副業している関係上、OILをよく見ていますが安い鉱物製のSG規格OILには世にも奇妙な再生後の黒い斑点(不純物?)が中身にあるのが怖くて入れてませんが普通の乗用車ならコレで問題は無いそうです。当然ですがEg内部のOIL汚れ?性能の持ち、足は早いです。

 

パワステオイル

これも同じくREDLINE入れてますが4駆系のパワステがどれだけ高温で高負荷であるか解る様に、純正品OILでは直ぐに真っ黒になり、ステアリングの重さが感じられるのですがREDLINEは、本当に軽く、1年近く経ちますがOILの汚れも殆ど感じないぐらい綺麗な赤色です。まっ、265/60/17の2inUPした2d車ですからねぇ、そりゃステアリング重たいと面倒です。

 

デフやミッションの交換時に助かるのがこのポンプです。家庭用のシャンプーのボトルや園芸用の噴霧器など代用が出来る物はいくらでもあるんですが私はこんな物を用意しまして、作業してます。

作業はいたって簡単、ビーチマットを膨らませるように片側オイル缶、片側をドレン注入口に差し込んで後は、シュポシュポするだけです。管が空になるとゲェ〜ゲェ〜♪と行儀の悪い音がします。

 

添加剤

MILITEC-1

添加剤も個人の感覚や好みに左右されますから一概に何処が良いの?っていわれましても困りますが、10数年前に亀のように遅いVWゴルフに注入した際に高速で15`ほど余計にトップスピードは出た代物です。但し、OILサイクルが早いように思われますので2〜3000`程度で交換されている方には常に体感出来る代物だと思います。当然ですが、注入有無の車と比較されますとその回転レスポンスや体感馬力は歴然とした差があるのは確かです。

 

洗車後のボディメンテナンス

私は洗車は日頃からGSのアラジンクロス洗う怪しい洗車機に入れてまして、そこのメニューで水垢取りコースやポリマーコースと言うケミカル品を数ヶ月に一度使ってます。洗車に使われているリンスって非常に高価なんですよね、私はスプレー容器に入れてガラス撥水にシュシュとしてます。(笑)

↓左側のウルトラミラーって言うのが水垢取り&WAX、右側Xポリマーって言うのが名のごとくポリマー加工です。これは私がGSに勤めている利点でして、個人で単品で購入するとミラーが1本3千円、ポリマーに関しては5千円ぐらいします。大体3台分使えます。コレ使ったコースは大体4〜5千円が相場だ

そうです。

ポリマー:株式会社ロイアル化学研究所

ウルトラミラー:習志野エンジニアリング

 

洒落は足元から

こちらもGSで使用しているホイールダスト汚れ取りのI-RON CLEANです。使った事無いんですがボディに使用すると鉄粉が取れるそうです。右側は関係無いんですが足回り系にメンテに使っているCRCのモリブデングリスです。輸入物です。

 

I-RON CLEAN:株式会社ニューホープ

 

 

エアコンの季節です。

2シーズンごとにエアコンにはOILを注入しています。コレ入れるのと無いのでじゃ大違い。コンプレッサーの負荷や高温から守るには必需品です。OIL入れますとAC作動時の冷えやアクセルの重さにダイレクトに出て来ます。

 

 

 

 

 

こちらはレンタルのダスキンが出しているエアコンの消臭用の薬剤です。単純に加湿器のような物に入れて助手席のエアーのリバース口に向けて噴射して匂いを消します。

 

 



Back to Homepage